マリアさんの刺繍チュニックワンピースサンアントニーノ村
ホーム | メキシコ刺繍服・メンズTシャツ、キッズ > レディース「サンアントニーノ」 刺繍チュニックブラウス 
商品詳細

「サンアントニーノ」 刺繍チュニックブラウス [レース刺繍CarmenDHwhbl]

[SOLD OUT]

「サンアントニーノ」刺繍チュニックブラウス

 Carmenさんの作品

メキシコ、オアハカ州のサンアントニーノという知る人ぞ知る刺繍村があります。

見ていて飽きない細かい刺繍。オアハカに咲く季節の花を思いを込めて刺繍にします。

デスイラードと呼ばれるドロンワークや、胸元のレース部分もすべて手編みで仕上げられ

裾にはレースが、縦にタックが入って、すっきりとしたラインで着られる1着です。

 

 

 

 デスイラード

 英語ではドロンワークと呼ばれるこの手法は、レースを縫いつけるのではなく、

 生地の横糸を抜き、刺繍によって縦糸を結びながら模様を描いていくという、

  とても難しく根気のいる作業で作られます。

 手間と高い技術が必要とされるため、このデスイラードが入っている洋服は特に高級とされています。

 

 

 

リャマリャマの洋服のお直しについて・・・ リャマリャマでは、日本でもお出かけ着として着こなしていただき、また長く愛用していただけるよう 個々に生地ダメージ、シミ、穴あきなどの検品を行い、できる限りの縫製なおし、ライン直し、 補強を行ってからお届けしています。 数日の作業時間をいただく場合がございますので、お急ぎの方はご注文の際にお申し付けください。


***縫製のお直し、補強**** サンアントニーノの刺繍衣装は現地の縫製のままでは、正確に左右対称に仕上がっていない場合が多く、 服のゆがみ、裾が斜めにカットされている、袖の長さが左右違うなど、 着用時に問題があるもののお直しを行います。 また、縫製が極端に歪んでいる、かみこんで縫っている、縫いしろがほぼない、縫いしろ処理がされていない、 そもそもミシンがかかっていない個所があるなどの縫製面での問題箇所の補強、お直しを行っています。

***洋服のラインに近づける作業**** もともとは民族衣装の為、現地のパターンのままでは、洋服としての立体的な形に仕上がっておらず、 着用すると、脇の布がだぶついたり、胸にしわやヒキツリが出たり、 身幅が狭すぎて歩きづらいもの等があります。 リャマリャマのライン補正では、袖下の布をすっきりと、袖に傾斜をつけるなど、 できる範囲で洋服の形に近づけています。

 

サイズ(寸法・平置き) 身幅 約 50cm   着丈 約 75cm 

着用モデル身長 168cm

生産国:メキシコ    生地:綿 100%  刺繍糸:レーヨン100% 

制作者 Carmen

 

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)