メキシコ雑貨とメキシコ刺繍服・刺繍洋服・中南米雑貨・関西

ホーム陶器・素焼き・せっこう細工・土粘土ゴルキーゴンザレスの角皿
商品詳細

ゴルキーゴンザレスの角皿[GorkyGonzalezカトリーナ]

[SOLD OUT]

Gorky Gonzalez工房 / カトリーナの角皿

世界的に有名なメキシコのマジョルカ焼きの巨匠、ゴルキーさんの工房の作品です。

メキシコ庶民の人気者、ガイコツ貴婦人の「カトリーナ」を描いています。

リスの毛を使った筆で繊細に絵つけを行う作業は熟練の職人のみに許される作業。

縁にも鮮やかな模様が丁寧に描かれた、アート作品。

ぽってりとした質感と柔らかい色合いはまさにマジョリカ焼きの真髄、ゴルキーらしいアート作品です。

サイズ  縦 約20センチ 横 約20cm  

メキシコ製  工房:Golky Gonzalez

 

工房の写真

Gorky Gonzalezについて・・・・・・

ゴルキー・ゴンサレスは、メキシコ国民栄誉賞<伝統工芸部門>を受賞した、いわばメキシコの人間国宝ともいうべき陶芸家です。美しい色彩とあたたかな味わいのそのマジョリカ焼は、天然素材だけを使用し、すべて手作りで丹念に作られたものです。その絵付けの柔らかさの秘密はリスの毛でできた筆を使うことだそうです。

ゴルキー・ゴンサレスは1939年ミチョアカン州モレーリア生まれ。父の持っていた古いマジョリカ焼の美しさに魅せられた彼は、伝統的なマジョリカ焼を復興させるため、1962年、グァナファト州グァナファトにアルファレリーア・トラディシオナール・デ・グァナファト(グァナファト伝統陶芸工房)を設立。1965年には日本の陶芸を学ぶために来日し、辻清明氏と藤原啓氏(人間国宝)のもとで修行しました。1967年に帰国し、その後も伝統的なマジョリカ焼の復興のために尽力、さらに伝統の再現だけにとどまらない彼ならではの作品をつくるに至りました。そして1992年にはメキシコ国民栄誉賞(伝統工芸部門)を受賞。メキシコ国内はもちろん、ニューヨーク、東京、パリ、フランクフルト、マドリードなど世界各地で展覧会がおこなわれ、彼の工房はメキシコで最も重要な陶芸工房として知られています。

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)