マリアさんの刺繍 パフスリーブトップス サンアントニーノ村の刺繍
ホーム | メキシコ刺繍服・メンズTシャツ、キッズ > レディースサンアントニーノ刺繍ブラウス
商品詳細

サンアントニーノ刺繍ブラウス[マリアさんの作品kimrslc]

[SOLD OUT]

サンアントニーノ刺繍ウイピルブラウス

 

メキシコ、オアハカ州のサン・アントニーノという知る人ぞ知る刺繍村があります。

オアハカに咲く季節の花を思いを込めて刺繍にします。

昔からサンアントニーノの母達は娘の為に渾身の一着を作ってきました。

キモナと呼ばれるウイピル型の四角い形の洋服は

着るとそれが落ち、フレンチスリーブのようになります。

手で細かく刺された刺繍、首回りとヨーク周りに施された手編みのレースなど

とても凝った作りの1点です。

現地ではシルクと呼ばれる少し光沢のある、レーヨン100%の糸で刺繍されています。

サイズはゆったり目のフリーサイズ、ピンクのレース部分は写真では実際より明るく

ショッキングピンクのように写っていますが、実際は濃いメキシカンピンク(ローズピンク)です。

 

サン アントニーノの刺繍

ペンサミエントと呼ばれるパンジーと小鳥の図柄は

もともとはヨーロッパから伝わった花模様の刺繍図案や、

サテンステッチ、ドロンワークの技術が、サンアントニーノのものとして定着したもの。

メキシコの古代からのモチーフ、テキスタイルの伝統衣装などと比べると、

民族衣装の中でも新しく、現代的なモチーフが特徴。

日本でも洋服として取り入れやすく人気のデザインです。

リャマリャマの洋服のお直しについて・・・
リャマリャマでは、日本でもお出かけ着として着こなしていただき、また長く愛用していただけるよう
個々に生地ダメージ、シミ、穴あきなどの検品を行い、できる限りの縫製なおし、ライン直し、
補強を行ってからお届けしています。

***縫製のお直し、補強****
サンアントニーノの刺繍衣装は現地の縫製のままでは、正確に仕上がっていないものが多く、
服のゆがみ、裾が斜めにカットされている、袖の長さが左右違うなど、
着用時に問題があるもののお直しを行っています。
また、縫製の歪み、かみこみ、縫いしろの未処理などの、縫製面での問題箇所の補強、お直しを行っています。

***洋服に近づける作業****
洋服の縫製技術の発達していないメキシコの刺繍製品は、直線のカットで無理に立体に仕上げていたりと、着用すると、脇の布がだぶついたり、胸にしわやヒキツリが出る場合などがあります。
リャマリャマのライン補正では、袖下の布をすっきりと、袖に傾斜をつけるなど、
刺繍をカットせず、できる範囲内で洋服の形に近づけています。

サイズ フリーサイズ 

肩幅 身幅  64cm  着丈 約 73cm

着用モデル身長 158cm

生産国:メキシコ  生地: 綿ポリエステル混紡ポペリーナ生地  刺繍糸:レーヨン100%

 

 

 

 

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)