手刺繍メキシコ、刺繍ショール レボソ プエブラ州ウエヤパン村
ホーム | メキシコ刺繍服・メンズTシャツ、キッズ > ストール・ポンチョ巻く布プエブラ州の大判ショール 
商品詳細

プエブラ州の大判ショール [ブラック生命の樹]

[SOLD OUT]
 
「プエブラ州のショール」
 
メキシコはプエブラ州の山奥HUEYAPAN(ウエヤパン)という村で作られた、手織りの布。
 
手紡ぎの糸を手織りして一枚の布を作ります。
そこに手刺繍を入れて、フリンジを編みます。
  
Hueyapanの人々はショールではなく、レボソと呼び、
朝晩の冷え込むこの地方で、レボソを羽織り生活しています。
 
大きなサイズの布なので、ベットやテーブルを飾るインテリアとしても
 
巻き付け方でいろんな表情が楽しめます。
 
手つむぎ、手刺繍のあったかアイテムを是非。
 
2種類のデザインよりお選びください(モデル着用はA柄:孔雀)
 
 
着用モデル身長 162cm
メキシコ製 織生地 綿 刺繍糸:アクリル 
 
採寸寸法 220cm×80cm
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
A柄:孔雀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 B柄:生命の樹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Video「ケシケミトルができるまで」 作り手・作る過程がよく分かります。

 

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)