メキシコ雑貨とメキシコ刺繍服・刺繍洋服・中南米雑貨・インテリア販売店・神戸関西

ホームインテリア・絵画メキシコヴィンテージサラペ(ダブルベットサイズ)
商品詳細

メキシコヴィンテージサラペ(ダブルベットサイズ)[269cmX191cm]

[SOLD OUT]

↑(画像をクリックすると大きい画像が見られます)↑↑

メキシコのヴィンテージ織布 ラグ

 メキシコのサラペというと鮮やかなレインボーカラーで有名です。クオリティーも綿の物から、ウールまで、機械で作った物、手織りの物、、、織りの細かさもまちまちです。近年本場メキシコではお土産用の機械織りの物をたくさん持かけますが、上質の物はなかなか手に入らなくなっています。 

 こちらは1960年代の物で、ウール・手織り敷布です。裏表ともきれいに織られています。

真ん中の模様部分はシルク織り地にウールで模様が描かれています。

床などにひかずベットカバーやソファカバーとして使われていたようで痛みもほぼなく良い状態です。一か所布が切れている部分を修復した跡があります(写真参照)

 良いものは十万円近くもする場合がありますが、こちらはアンティークショップの友人がリャマリャマの為に探し、取っておいてくれたものでお手頃な価格で仕入れる事が出来ました。

 レインボー模様のみの物が多い中、ちゃんとチマヨ柄が入っています。

 オルテガ社のチマヨ柄ベストやブランケットが人気を呼んでいますが、本場メキシコでも受け継がれています。まさにメキシコの鮮やかな色彩と、スペインから渡ってきた伝統模様に土地古来からの伝統模様が融合し生まれたこのチマヨ柄グラデーションがきれいです。

 フリンジになっている糸は縦糸になっているコットンの糸で、この糸が織られた上にウールでしっかり折り込まれ2層になっているような不思議な織り方法です。ウールのみで織るとどうしても弱くなってしまうのですが、この下地を入れる事により耐久性が増し、長い間使う事ができます。

 ソファカバーベットカバー・室内の床に敷いたり、、、タペストリーとして壁にかけてもインパクトがあって素敵ですね。

探し続けてやっと入荷できた物ですので、今後入手は困難です。この機会に是非

 サイズ 約 269cm × 191cm (フリンジ 約 20cm含む)

機械織り・綿の商品との違いを比べてください ↓ 

良く販売されている機械で織られたラグサラペ ↓ (*商品写真ではありません)

 

↓ 商品の写真 織りが細かいです。

 約8mm・約6cmmの 布のダメージの補修部分 (他はダメージなし)

裏表どちらもきれいに織られています。

 

 

 

 

 

 

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
布のサイズ 269cmX191cm
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)